2019年7月5日(金)

2019-08-12 at 2:56 AM

お便りテーマは出逢い再会巡り合い。
一曲はビートルズの「ストロベリーフィールズフォーエバー」
1967年はビートルズの新曲が聞ける時代だったということですが、ある意味幸せな時代です。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

マジカル・ミステリー・ツアー [ ザ・ビートルズ ]
価格:2175円(税込、送料無料) (2019/8/12時点)

ゲンダイ国語の今回のテーマはあなあきいインザJP
冒頭で、ブレイディみかこさんがアナーキーインザUKというタイトルを付けたのはイギリスにお住まいだからとアヤコさんが紹介していましたが、それって単にピストルズ好きが高じて、タイトルを拝借しただけですよね。なにしろすっぴん!でPILをかけた人ですから。
紹介されたのは殿山泰司ベストエッセイ
(PILアルバム)
(殿山泰司ベストエッセイ)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

COMPACT DISC [ パブリック・イメージ・リミテッド ]
価格:2592円(税込、送料無料) (2019/8/12時点)

ミュージックスクラップネオは大友良英さんでした。
誰にでもわかる,でも普通は教えてくれない音楽入門第一回即興演奏編でかかった曲。


・デレク・ベイリー イギリスのミュージシャン
ソロギターVOL1、ノンイディオム(音楽言語にならない)を目指した人。
カンパニー6番 アンソニーブラックストン(サックス)ハンベニンク(ドラムス)
・アルバート・アイラーのベルズ


・ゲッベルスアンドハルト フランクフルトペキン
(Heiner Goebbels / Alfred Harth の Frankfurt – Peking)
大友さんの「みんな置いてってないですかね?」という口癖はとても耳障りで、タイトル通りではないことを自覚してるようです。
大丈夫です。源ちゃんは超分かりやすいと言っていますが、アヤコさんですら置いてってますから。

高橋ヨシキさんの自称日本一刺激的な映画コラムシネマストリップ。
ヨシキさんは前日が誕生日だった「7月4日に生まれて」ばっか言われているそうです。
今日は「でぱるまつり第四弾」の「アンタッチャブル」です。
「七人の侍」のように、主人公が仲間をスカウトしていく映画は面白いに決まっているそうですが、本当に面白い作品でした。
この映画をざっくり一言で言うと「脅迫、買収が誰にでも効くと思うな」ということだそうです。