2019年10月28日(月)

2019-11-03 at 6:21 PM

サンキュータツオさんの月曜日すっぴん!です。
本日のお便りテーマは「我が家のルール」

そして学問のスルメは「おもしろ論文紹介」で「双六」の研究の紹介でした。
論文のタイトルは「戦後双六に見る日本人のエートス」(2018年)名古屋学院大学の早川洋行先生が発表されました。
1945年~1955年に遊ばれていた双六の研究です。
エートスとは「ある時代、ある社会集団に共有された精神的かつ倫理的な指向性を意味する。」のだそうです。
双六におよって各時代の目指すもの、価値観が見えてくるというお話でした。

インタビューは松尾スズキさんです。
最初に「いだてん」出演時の橘家圓喬の役のエピソードでした。
映画「108~海馬吾郎の復習と冒険~」監督脚本主演。
ブラックジョークのドタバタができるうちにこのような映画を撮っておきたかったそうです。
もともと筒井康隆さんや赤塚不二夫さんが好きで、ドタバタ、笑いに惹かれるようになったとのこと。
大人計画の舞台の話、この度の映画の話、シアターコクーン芸術監督に就任する件、そしてお披露目公演「キレイ-神様と待ち合わせした女-」の話などでした。

リクエストの一曲、ビリー・アイリッシュの「バッド・ガイ」は2019年の曲です。
松尾スズキさんにとって、笑いとは「単純に言えば、快楽」


サブカル用語の基礎知識は鳩岡桃子さんの「異世界アニメ」

お便りテーマに合わせた曲がいろいろとかかりました。
なかでも、なんと言っても「ルール・ザ・ワールド」

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

シャウト [ ティアーズ・フォー・フィアーズ ]
価格:2227円(税込、送料無料) (2019/11/3時点)