2019年10月23日(水)

2019-10-28 at 2:52 AM

前回、水曜日はお休みでしたのでパーソナリティーの能町みね子さんは久々の登場です。
前々回も短縮版だったので、時間的にも久しぶりという感じだそうです。
お便りテーマは「50」
数字がお便りテーマになるのは初めてかも、ということでした。

「みね子のあの街この街」は島根県の江津(ごうつ)です。
三江線が廃止になる前に乗ってみようということで、江津に行ったということでした。
そこで出会った「イワミノチカラ」代表の伊藤康丈さんに案内してもらったそうです。
その伊藤さんが電話でご出演でした。
旅の途中に漫画家の小坂俊史さんとも出会ったとのことでした。

投稿で紹介された江津市図書館は市のホームページに案内してあります。

インタビューは篠山紀信さんでした。
フリーのカメラマンになって50年なのだそうです。
その中で様々な人達が被写体になり、様々なエピソードがありました。
ジョン・レノン&オノヨーコ「ダブル・ファンタジー」のジャケットもそのような一枚です。
リクエスト曲は「スターティング・オーヴァー」



能町みね子さんのために特別に相撲の写真の話もありました。
もう一曲のリクエスト曲はクイーン「ラブ・オブ・マイ・ライフ」
アルバム「オペラ座の夜」に収録されています。
野田秀樹さんのお芝居[Q」に使われている曲ということです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

オペラ座の夜 [ クイーン ]
価格:2113円(税込、送料無料) (2019/10/28時点)



篠山紀信さんによる時代感覚についてで締めくくられました。
「時代が作った面白いヒト・コト・モノに対して、寄っていって撮っていく」
「時代と並走しながら写真を撮っていこうと思っていて、写真は時代の映し鏡である」
「次に何を撮るかは時代に聞いてくれなくちゃ」
「今の時代は今のカメラで撮るのがいい」
「舞台写真やスポーツ写真の超望遠レンズでアップだって撮れるのはデジタルじゃないと出来ない」
篠山紀信さんのようなプロ中のプロはデジタル肯定派が多いですよね。

前回がお休みだったのでスポーツのミカタは2本立てでした。
1つ目は電話出演で生島淳さんによる、ラグビーワールドカップ。
主に日本チームの話でした。
ただ、この時点でワールドカップはまだ終わっていないので、準決勝、決勝を楽しんでほしいとのことでした。

もうひとつは喜瀬雅則さんによる、プロ野球2019シーズン振り返り。
藤井さんが読もうとしていたメッセージがだいぶ前になったのでタイムラインをさかのぼっても見つからないのは、ラグビーに比べて野球が薄く扱われているからですね。

何しろ、メッセージを探し当てられなくて、内容の紹介だけでしたから。
日本シリーズはソフトバンク対巨人で、喜瀬さんの予想通りでした。
いまだにON決戦なんて呼んでいる人がいるのは不思議ですが。

日本シリーズは中継ぎ投手の差が出ているみたいです。

カープはリリーフがしんどかった。
日ハムは投打ともに主軸が抜けた。
タイガースは6連勝で夢が膨らみました。
ソフトバンクは結局10連勝で日本一です。
ヤクルトは高津監督が期待できます。
モチベーターの指導者が求められているようです。

西武とソフトバンクはなんでこんな違うのかは、戦力差なのだそうです。
結局ソフトバンクが巨人に4連勝で日本一になり、王会長の悲願がかないました。

森高千里さんは50歳でもおばさんになっている気がしないのに「私がオバさんになっても」でした。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ザ・シングルス(初回生産限定仕様) [ 森高千里 ]
価格:3955円(税込、送料無料) (2019/10/28時点)