第7回その1

2021-05-17 at 5:15 PM

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
ディスカバークイーン!第7回

ごきげんよう、ぶらあどびじょん です。
ディスカバークイーン!第7回についてです。

正1:パーティ
クイーン作

ミラクルのオープニングナンバーですね。
現代は良くしたもので、作者もほぼ明らかになっています。

以下、ウィキペディアからの引用です。

正式には作詞・作曲のクレジットは「クイーン」となっているが、
後にメンバーやプロデューサーへのインタビューにより、
各曲の作者はほぼ明らかになっている。

ウィキペディアより

パーティはフレディー・マーキュリー、ブライアン・メイ、
ジョン・ディーコンの共作
です。


ザ・ミラクル(SHM-CD)

このアルバムは、フレディー・マーキュリーが
自分の病気や命について考えて制作した最初のアルバムです。

一般にはイニュエンドゥをそのようにみなすこともありますが、
こちらのアルバムが最初です。

そう考えて、特にフレディー・マーキュリーが作った曲をみると、
なんとなくそのようにも感じます。

パーティはいきなり終わりますが、
つづくカショーギの船
「誰だ俺のパーティが終わったなんて言ってる奴は・・・」
と、言い放ちます。

この2曲の他にフレディー・マーキュリーが作った曲は
共作も含めて以下のとおりです。

ミラクル
ブレイクスルー
レイン・マスト・フォール
マイ・ベイビー・ダズ・ミー
ワズ・イット・オール・ワース・イット

かなりジョン・ディーコンの嗜好が入っている
レイン・マスト・フォールやマイ・ベイビー・ダズ・ミーも
もっと深い意味があるように思えてきます。

ラストナンバーの
ワズ・イット・オール・ワース・イットなんて、
そのものですよね。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
女王様のよろず相談室の第2回

裏1:キープ・ユアセルフ・アライブ
ブライアン・メイ作

この曲をパッパラー河合さんのテーマにしているのかどうかは
不明ですが、よくかけます。

裏2:オウガ・バトル (パッパラー河合による演奏)
フレディー・マーキュリー作

この曲はパッパラー河合さんが、
持ってきたギターでイントロ部分を演奏しました。

裏3:ウィー・アー・ザ・チャンピオンズ (パッパラー河合による演奏)
フレディー・マーキュリー作

裏4:フレンズ・ウィル・ビー・フレンズ (カラオケ)
ジョン・ディーコン、フレディー・マーキュリー共作


クイーンII(SHM-CD)

正2:オウガ・バトル
フレディー・マーキュリー作

この曲のレコードバージョンと、ライブバージョンでは
イントロの作りが違うことを
ギタリストのパッパラー河合さんが説明しました。

そして、あっさりとよろず相談室は終了です。