第6回その1

2021-05-11 at 3:34 PM

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
ディスカバークイーン!第6回

正1:ムスターファ
フレディー・マーキュリー作

ムスターファから始まりましたね。
今回のディスカバークイーン。


ジャズ(SHM-CD)

クイーンは変な曲が多いのですが
このムスターファは中でもひときわ変な曲です。

冒頭の叫び声は特に印象的でした。

かの渋谷陽一氏は、
この曲をおそらく日本で初めてオンエアする時に
フレディーザンジバルマーキュリーと紹介しました。

ムスターファの魅力は冒頭の叫びだけではありません。
出だしは薄いバッキングですが、突然分厚くなります。
ブライアンの中東風のフレーズや強引なコーラスなど、
クイーンらしさが満載の曲です。


ロック―ベスト・アルバム・セレクション (新潮文庫)

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
ライアー

バイシクルレースのジングルのあとは、
クイーンズクロニクルです。

裏1:グレードキングラット
フレディー・マーキュリー作

今回はデビューアルバム戦慄の王女のB面です。

一曲目はライアー!


戦慄の王女(SHM-CD)

西脇さんによると、ライアーには
このアルバムで唯一ハモンドオルガンが使われています。
イントロの最後のところから歌が入ってしばらくの間です。

普段、そこまで気を付けずに聴いている部分も、
このように指摘されると思わぬ発見があります。

だからディスカバークイーンなのですね。

正2:ライアー
フレディー・マーキュリー作

歌詞に関しては、ライアーにも
マーキュリーは登場します。

西脇さんのお気に入りは歪んだベースリフだそうです。

そして、ドラムは32秒あたりの演奏です。
ハイハットのオープンからクローズする瞬間にたたく奏法で
あの、プシャッという音を出しているとの解説でした。

さらに、前回に引き続き今回も
フィフス・ディメンションが紹介されましたが、
笑いました。
なるほど、たしかにライアーです。

マジックガーデンのカーペットマンでした。

正3:カーペットマン  フィフス・ディメンション


ザ・マジック・ガーデン [ フィフス・ディメンション ]

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
ドラムの人

裏2:マイ・フェアリー・キング
フレディー・マーキュリー作

正4:ザ・ナイト・カムズ・ダウン
ブライアン・メイ作
正5:モダンタイムズ・ロックンロール
ロジャー・テイラー作


MUSIC LIFE 特集●ロジャー・テイラー/QUEEN[EXTRA]

モダンタイムズ・ロックンロールは
ギターもベースも歌も跳ねていないのに、
バスドラだけ跳ねています。

この曲は、「ドラムの人」こと、
ロジャー・テイラーの作で、ボーカルも
ロジャー・テイラーが担当しています。

ロジャー・テイラーは
ロッド・スチュワートやロバート・プラントのような
ボーカルを聞かせます。

この3人の共通点は、ハスキーボイスで
かつ、高音がむちゃくちゃ出るということです。


ベスト・オブ・ザ・グレイト・アメリカン・ソングブック

前回マイ・フェアリー・キングの際に、
提示のみ行った問題をここで回収しています。

あの金切り声はドラムの人だったのですね。
モンダンタイムズ・ロックンロールも
カッコイイボーカルでした。

特に、ラストのシャウトはカッコイイですよね。

フレディー・マーキュリーという稀代のボーカリストが
続く中、唯一のロジャー・テイラーのボーカルは
とても良いアクセントです。