町田康は、なんと酒をやめていたそうです。大酒飲みだったくせに 2019年12月20日(金)

2020-01-03 at 2:26 AM

げんちゃんの金曜日、お便りテーマは「駅」です。
当然、竹内まりやさんの「駅」やら中島みゆきさんの「ホームにて」やらがかけられました。
さらに、奥村チヨさんの「終着駅」

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Impressions [ 竹内まりや ]
価格:2560円(税込、送料無料) (2020/1/3時点)


げんちゃんのゲンダイ国語のテーマは「我は如何にして禁酒を成功させしか」

取り上げる本は町田康著「しらふで生きる 大酒飲みの決断」(2019年)
飲みながら読むと酒がうまいと酒飲の2人が意気投合するような本です。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

しらふで生きる 大酒飲みの決断 [ 町田康 ]
価格:1650円(税込、送料無料) (2020/1/3時点)


大酒飲みだった町田さんは理由なく或る日突然(正確には平成27年12月末日)酒を飲むのをやめたそうです。
その論が屁理屈と言っていいほど述べ立てられ、最終的には酒が好きな人を断罪してはいけない、けど自分はやめた、と、書いています。
素晴らしいことです。

すっぴん!インタビューは田村セツコさんでした。

1938年生まれのイラストレーターです。
随分昔は、テレビにも頻繁に出演されてましたね。
当時、40代で少女みたいな格好をしていて話題になりましたが、今でも変わっていません。

今回は「ハッピーおばさんの幸せな暮らし方」の宣伝でスタジオに来られました。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

HAPPYおばさんのしあわせな暮らし方 [ 田村 セツコ ]
価格:1650円(税込、送料無料) (2020/1/3時点)


シネマストリップは高橋ヨシキさんが電話での登場です。

スター・ウォーズ絡みの仕事などでスタジオには来られませんでした。
今回の映画は「ラストムービー」(1971年)
デニス・ホッパーの監督、主演作品です。

当時はストーリーがわかりにくいということだったのですが、現在ではそれほど不思議ではありません。

この映画をざっくり一言で言うと「映画はやり直しが効くけれども、世界はやり直しが効かない

最後の曲は山下達郎「クリスマスイブ」1983年に発表されたアルバム「メロディーズ」の中の一曲です。
歌詞を聞けばわかりますが、フラれる男の歌で、駅のイメージは特にありません。
もちろん山下達郎ファンに限らずクリスマスといえばこの曲でした。
ところが、どこかの鉄道会社が1988年にCMに「クリスマスイブ」を使ったことから、それまで山下達郎の曲を知らなかった人たちのイメージを固定してしまいます。
こんなCMには全く興味がなかった人にとって「クリスマスイブ」と「駅」は無関係です。