応援歌の名手エイジアエンジニアの井出次郎は、まさに名手 2019年11月13日(水)

2019-11-27 at 2:37 PM

能町みね子さんがパーソナリティですが、この日は相撲と応援歌の話です。

みね子のあの街この街は愛媛県西予市野村

乙亥大相撲大会を見に行った時のレポートでした。
肱川の洪水の被害にあったところでもあり、クラウドファンディングで復興資金を集めた関連で、みね子さんが行けたということです。

街の様子はお相撲の話と、お客(飲み会)のことである程度うかがえました。
ちなみに、「お客」という言い方は高知を始めとする四国だけではなく、西日本の広い地域で使われています。
飲み会のやり方は地方地方で特徴がありますが、「今日はお客だ」といって宴会を表すのは広く用いられます。

すっぴん!インタビューは井手次郎さん


音楽家でプロデューサーでエイジアエンジニアの元リーダーです。
ご本人によるとクーデターでリーダーを降ろされたそうです。

最初に井出さんが作ってくれた応援歌の披露でした。

個性豊かな日替わりラジオ絶景眺めて気楽にレリゴー
健康第一ラジオも第一月から金はすっぴん!チェキラ
ヘイちょっとお待ち、みね子のうまち
彩子さんがなんとかします
すっぴんなのになんか濃ゆい、刺激的なラジオをチェキラ!

これは、上手です。素晴らしいです。

井手さんは色んな会社の社歌も手掛けているそうです。
社長さんの思いを聞くにとどまらず、社員の方々の話も聞いて、
みんなで納得していく形を目指しているとのことです。

実際に作られた社歌をいくつか紹介されました。
物流の会社は完全にラップで、絶対に社員全員揃って歌えない社歌です。
次の社歌は不動産会社のもので、ボードビル風あるいはミュージカル風の楽しいメロディーです。
続いては税理士法人の社歌で、ロック調のボーカロイドって雰囲気で、みね子さんによると、闘う系のアニメ風
それから同じ税理士法人の違うバージョンの社歌で、こちらはミディアムテンポのJポップ風

いずれもクライアントの要望に応えた、プロの曲に仕上がっています。
「すっぴん!の応援歌」に関しては、権利関係が気になる彩子さんと、気前よくOKする井手さんが印象的でした。

後半の始まりは、どのような経緯で、あるいはどのような思いで現在に至ったのかのお話でした。
井手さんはもともと医者の家系ですが、ラップに出会ってアーティストになったそうです。
ただ、ひところラップと言えば、ラップバトルで対決し相手を言い負かすような進展をしていました。
ラップは勝負して相手を倒すものだけではなく、もっと自由な、多様性のある音楽です。
そこでエイジアエンジニアはラップで応援歌を作っていったそうです。

エイジアエンジニアの代表曲で「絶対負けない」がかかりました。
この曲はシングルでもリリースされていますし、サード・アルバム「Our time is coming」やベストアルバムにも収録されています。
総合格闘技「RIZIN」のRENAさんが登場曲に使っているそうで、そちらの方面でや有名なようです。


コーナーの最後の方はスキージャンプの葛西紀明選手の応援歌「Wonder jump ~風神喝采が飛ぶ~」の紹介でした。
あらゆる頑張っている人たちに応援をし続けたい、と思っている井出次郎でした。

スポーツの見方は大相撲です


この時点で九州場所の3日めが終わったところでしたので、今場所の展望がメインでした。
能町さんは2日目に現地の福岡国際センターに出向いたそうです。
この日は関脇以上が全員負けるという、一部報道では「大失態」と報じられた日でした。
この「大失態」は今年夏場所以来半年ぶりなのですが、その夏場所が史上初だったそうです。
上位陣が相当不安定です。
毎回荒れると締まりのない相撲になって、優勝争いもレベルが低くなってしまいます。
波乱は面白いけど、毎場所波乱だともはや波乱じゃなくなっています。
横綱白鵬一人勝ちはつまらないという時期もありましたが、さすがの横綱もピークも過ぎこのような状態になってしまいました。

新しいスターがほしい状態です。
みね子さんのイチオシは抜群に小結朝乃山です。
新小結なのにすでに風格を身につけています。
顔が可愛いのの風格があるという評判です。
みね子さんの期待では、大関どころか横綱にまで駆け上がってほしいそうです。
攻められても、受け止めることができ、これを鍛えるとまさに横綱相撲です。

アキオとマサヨ

他の期待の力士として名前があがったのが明生(めいせい)と正代(しょうだい)
で、明生と正代としこ名を見ていたら、アキオとマサヨだなと思いました。

調べてみたところ
明生力(鹿児島出身)本名は川端明生(かわばためいせい)
正代直也(熊本県出身)本名同じ
ふたりとも九州出身ですね。

明生は名前が「めいせい」クンだったのですね。アキオではなかったけど。
正代は名字だったのですね。

さて、この後福島出身の力士に話が移ります。
大波三兄弟と呼ばれている三人で、おじいさんが元小結若葉山、お父さんも幕下までいったおすもうさんでした。

長男:若隆元(わかたかもと) 本名:大波渡
次男:若元春(わかもとはる) 本名:大波港
三男:若隆景(わかたかかげ) 本名:大波渥

しこ名はアナウンサー泣かせの言いづらさです。
親方が毛利三兄弟を意識して名付けたそうです。
あくまでもみね子さんのファンとしての希望で、若葉山の名前を継いでほしいという期待もあるそうです。

お便りテーマ「お客」にちなんだ曲がかかりましたが、ラストナンバーはキッスの「ルームサービス」でした。
初期のアルバム「地獄への接吻」のオープニングナンバーです。
メンバーの4人がスーツを着ている珍しいジャケットのアルバムです。

パーマンとデスメタルの折衷案でお便りテーマに合うので選曲されました。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

[枚数限定]地獄への接吻/KISS[SHM-CD]【返品種別A】
価格:1545円(税込、送料別) (2019/11/27時点)