島田歌穂さんはダイアモンド☆ユカイさんと付かず離れずの仲だった? 2019年11月5日(火)

2019-11-23 at 4:58 PM

本日のゲスト島田歌穂さんの話題はこちらから。
火曜日のパーソナリティダイアモンドユカイさんとは長い付き合いなのだそうです。
お便りテーマは「大人気」です。

今回の「ダイアモンド☆ユカイのロックなスーパースター列伝」はシーナ&ロケッツです。
最初の曲はもちろん「ユーメイドリーム」

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

真空パック [ シーナ&ザ・ロケッツ ]
価格:2420円(税込、送料無料) (2019/11/23時点)


ギタリストの鮎川誠さんが率いる博多のロックバンドです。
鮎川誠さんは日本で最もかっこいいロックミュージシャンです。
ユカイさんは鮎川さんとも親交があったそうです。

シーナ&ロケッツの前身バンドがサンハウスで、「レモンティー」がかかりました。
博多では伝説のロックバンドです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

1974 One Step Festival [ サンハウス ]
価格:2200円(税込、送料無料) (2019/11/23時点)



この曲はシーナ&ロケッツのバージョンもあります。
元になったのは「トレインケプトアローリン」
オリジナルはタイニーブラッドショーですが、ヤードバーズバージョンが「レモンティー」にかなり近いですね。エアロスミスもこのバージョンでカバーしています。



シーナ&ロケッツバージョンもかっこいいのですが、サンハウス版は歌詞がかなり生々しく聞こえます。
レッド・ツェッペリンの「レモンソング」のスクイーズの影響を受けているという説もあります。

アメリカの写真家ボブ・グルーエン氏はジョンレノンのオフィシャルな写真で有名ですが、ユカイさんと鮎川さんの共通の友人でもあります。
ユカイさんは映画「 TOKYO-POP 」で一緒だったそうです。


シーナ&ロケッツでユカイさんの思い出の曲は「真空パック」の「レイジークレイジーブルース」です。
ニューヨークの有名レコード店「ブリーカー・ボブ」でかかっていたのを聞いて、印象的だったそうです。
日本人アーティストとしては画期的なことです。

さて、ユカイさんと鮎川さんの共演の話です。
ユカイさんのライブハウスでの公演で鮎川さんがゲスト出演されたことがあったそうです。
小さな会場にも関わらず、マーシャルをフル10で使いブラックレスポールを弾く鮎川誠さん。
ちなみにフルテンとはギターアンプなどのコントロールツマミを最大の「10」まであげた状態です。和製英語です。
爆音のギターを聞かせるのですが、フルテンが音がいいのも事実です。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Marshall ( マーシャル ) MG10 【10W ギターアンプ MG-10】
価格:8800円(税込、送料無料) (2019/11/23時点)


下北沢の鮎川さんはカッコつける必要がありません。
自然体でかっこいいから。
そして最後に「ロケットライド」でした。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

シーナ&ロケッツ/ロケットライド 【CD】
価格:2402円(税込、送料別) (2019/11/23時点)


すっぴんインタビューは島田歌穂さんの登場です。
ユカイさんとは古い馴染みというか、付かず離れずの仲ということでした。
島田歌穂さんに関する最初の話題は、ロボコンのロビンちゃんです。
ロビンちゃんはロボットではなく、バレリーナ星からバレーの修行に地球に来た宇宙人のお姫様だったのだそうです。
1974年から数えて芸能生活45周年ということで、記念アルバムが出ました。
それが「スローバラード 男心」です。ジャケットはわたせせいぞうさんです。
カバーアルバムですが、オリジナルは全て男性歌手という企画モノですね。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

スローバラード -おとこごころー [ 島田歌穂 ]
価格:3300円(税込、送料無料) (2019/11/23時点)


いっそ セレナーデ(井上陽水)
I LOVE YOU(尾崎豊)
ひまわりの約束(秦基博)
メロディー(玉置浩二)
どんなときも。(槇原敬之)
瞳をとじて(平井堅)
たしかなこと(小田和正)
月(桑田佳祐)
FUTARI(山下達郎)
スローバラード(RCサクセション)

編曲は全て、島健さんですね。
島田歌穂さんの夫です。
この中から3曲ほど紹介されましたが、流石に絶品のボーカルです。

島田歌穂さんと言えばミュージカル、特に「レ・ミゼラブル」のイメージが強いのですが、それだけではないのですね。
ユカイさんと歌穂さんは同世代であることも相まって、話は大いに弾みました。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

レ・ミゼラブル [ 鹿賀丈史&島田歌穂 ]
価格:4804円(税込、送料無料) (2019/11/23時点)


ギョーカイ大図鑑はベジタリアン業界で、隔月専門誌「ベジィ」の編集長吉良さおりさんがお越しでした。
「プラントベースっていって植物性をベースにした食事とかオーガニック全般を推奨していて、健康志向とか美容に関心の高い方が読者には多いんですけど、体質改善とか心身を整えるサポートをするライフスタイルを提案している」のだそうです。
ベジタリアンにもいろいろなタイプがあって、ヒエラルキーもあるようで、ビーガンが最高峰のようです。
日本では20人に1人はベジタリアンだということです。
人口を1億2千万人と考えれば600万人です。
そんなにいるのですね。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

veggy (ベジィ) 2019年 12月号 [雑誌]
価格:1008円(税込、送料無料) (2019/11/23時点)


アスリートの筋肉を付ける例でここ10年ぐらいは動物性から植物性のタンパク質に変えている人が多いそうなのです。
そしてそのアスリートの代表例が、カール・ルイス!
って、ここで耳を疑いました。
あれっ、ここ10年ぐらいの話をしていたんじゃないの?
カール・ルイス?1997年引退のカール・ルイス?
引退してから20年以上経っているカール・ルイス?

あとは、スコットジェレイク(マラソン走者)ビーナス・ウイリアムズ(テニスプレイヤー)が挙がりました。
「最近ではすごく影響力のあるのが、えとー、あれですね。シューマッハさん。アスリートではないんですけど。はい。F1のそうですそうです、レーサーの方です。ずーっとそうですよね。勝ってますよね。」

シューマッハって、ミハエル・シューマッハのことですか?
2013年にスキー場で事故にあい、そのまま復帰されていないはずです。

そこで、調べてみたところ、ルイス・ハミルトンのことではないでしょうか?
ハミルトンは2017年からヴィーガンとなり、上の発言に合致します。
ベジタリアンギョーカイの広告塔と言ってもいい人です。

その人の名前を間違えるというのは、編集者として致命的なミスなのではないでしょうか。