冷凍王子西川剛史、冷凍食品に人生を預けた男登場! 2019年11月14日(木)

2019-11-29 at 11:04 PM

木曜日の麒麟川島さんのすっぴん!です。
お便りテーマは「みいつけた」

朝喜利のお題は「この子 ボウリング来るの初めてだな・・・何をした?」でした。
今回は26作品も採用されました。
そして、川島賞を受賞したのは、藤井さんチョイスの作品でした。
このコーナー始まって以来なのだそうです。

インタビューは三宅弘城さんでして、「いだてん」で足袋屋を演じているそうです。
あれっ、播磨屋の店主は他の俳優さんじゃなかったかしらん?
あっ、恒例の交代劇ね。

食通は冷凍王子こと西川剛史さんの登場です。

冷凍生活アドバイザーで、自らの結婚式の前々日にすっぴんに登場し、前日10月18日は冷凍生活の日で、冷凍レシピのコンテストがあったそうです。
そして、当日の結婚式では冷凍食品の料理が出されました。
まさに冷凍食品に人生を捧げています

最近の冷凍食品のおいしさがアップしているのは冷凍技術もありますが、凍らす前の食品の製造技術が上がったからです。
美味しい料理を大量に機械で作る技術の進化の賜物です。

ここで何品か冷凍食品が紹介されました。
1)冷凍お好み焼き 「ごっつ旨いお好み焼き」(テーブルマーク株式会社)
大阪のおばちゃんのコテのテクを再現、たこ焼きも出ています。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

テーブルマーク ごっつ旨い お好み焼
価格:329円(税込、送料別) (2019/11/29時点)


2)冷凍ラーメン 「お水がいらないラーメンシリーズ ラーメン横綱」(株式会社キンレイ)
京都の屋台が発祥というチェーン店が監修した鍋で作る、麺のコシがキープされるラーメンです。


3)冷凍カレーうどん 「巣鴨古奈屋 カレーうどん」(日清食品)
東京巣鴨の有名なカレーうどん屋の味を再現。再現率が非常に高いとのこと。

4)冷凍マカロン 「4種類のマカロン」(ピカール)
自然解凍。フランス製。本場の味がそのまま。
ピスタチオ、チョコ、フランボワーズ、バニラの4種類です。

5)冷凍葱油餅(ツォンヨンピン)
台湾の夜市や屋台で売られている小麦粉とネギで作るチヂミのような(王子談)、ネギお好み焼きのような(綾子談)
これに関しては、番組内で試食がなかったので、該当品がわかりませんでした。

食通への提言は「冷凍食品は時間と場所を超える。」
手抜きではなく手間を省く冷凍食品は、-18℃以下で保存するから、保存料がいらず安心でもあるとのことです。

お便りテーマにちなんだ曲としてスピッツの「見っけ」などがオンエアされました。
この曲は、スピッツの16枚目のアルバムのタイトルナンバーです。
ちなみに、42枚めのシングルである「なつぞら」の主題歌の「優しいあの子」も収録されています。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

見っけ [ スピッツ ]
価格:3300円(税込、送料無料) (2019/11/29時点)