パイプオルガン製作者の横田宗隆さんにその情けないツイートはないでしょ 2019年12月26日(木)

2020-01-09 at 4:15 PM

お便りテーマは「いぬ」でした。
川島さんの松風はすっぴん!では有名です。

朝喜利のお題は「この家の子にはプレゼントやめようかなあ・・。 サンタが見たものとは?」

今回は22作品が選ばれました。
サンタさんがプレゼントを上げたくない理由が様々で、いい作品がたくさんありました。
ところで、よく考えてみれば「サンタさん」という言い方って変ですよね。
サンタクロースはセントクラウスのことですから「クロースさん」「クラウスさん」といわないと、通じないでしょうに。

すっぴん!インタビューはパイプオルガン製作者の横田宗隆さん

世界的なオルガン製作者です。
世界が尊敬する日本人100人」にも選ばれています。
じっくりと貴重なお話を聞かせていただきました。
特に、今では教会音楽として認識されているパイプオルガンもある時代は権力の象徴として使われていたと言うような話は印象的でした。

それにしても「トッカータとフーガ ニ短調」が流れると「鼻から牛乳」としかツイートできないとはなんとも情けない話です。
横田さんに対して、失礼極まりないです。

食通は富江弘幸さんのクラフトビール(再び)

ビアライター富江弘幸さんの再登場です。
もちろんテーマはビールです。しかもクラフトビールです。
まずはベルギーのフランダースレッドエールが紹介されました。
ベルギー西部のフランダース地方のビールですが、細長いちっちゃい瓶人のことでしたので、ローデンバッハグランクリュでしょうか。
非常に熟成が進んだ赤ワインのようだと表現されていました。
オーク樽に入れてるので、乳酸菌が付く酸味のあるビールです。
お肉料理に会います。


フルーツフレーバーのビールはたくさんありますが、日本代表としてゆずのビールが紹介されました。
ラガーに柚子の果汁を使ったビールで茨城県で作っています。
常陸野ゆずラガーですね。
香りが良くて飲みやすいそうです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

常陸野ゆずラガー 4本セット
価格:1672円(税込、送料別) (2020/1/9時点)


流行りのビールとしてヘイジー(IPA)
ニューイングランドIPAは飲みやすく、苦味だけではないIPAなのだそうです。
フェアステートミラーユニバースヘイジーIPAなどがあります。


食通への提言は「ビールはより地域性が強くなる!」でした。
(ちなみに、すっぴんのツイッターでは「ビールの多様化が止まらない!」違う言葉が書かれていますが、富江さんが言ったのそうではありません。)

お便りテーマで投稿を募りますが、この日はとてもアンフェアな集め方でした。
前日の「ネコ」で何通だったので、「イヌ」はどれだけ来るかと、煽っています。
そのような集め方をしたら「ネコ」はもっと集まったでしょうに。
いずれにしても、犬も猫も鳥も「納豆」には負けるすっぴん!でした。