ディスカバークイーン第47回その1 イニュエンドウ

2022-03-07 at 8:40 PM

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
ディスカバークイーン!第47回

ごきげんよう、ぶらあどびじょん です。
ディスカバークイーン!第47回についてです。

リクエストは2014年の編集アルバムからでした。


クイーン・フォーエヴァー~ベスト・オブ・ラヴソングス (SHM-CD)

正1:ユア・ハート・アゲイン
ブライアン・メイ作

クイーン・フォーエヴァーには
3曲の新曲が収められていました。

「ユア・ハート・アゲイン」と
「ラヴ・キルズ (バラード)」と
「生命の証」です。

ラブ・キルズと生命の証はフレディ・マーキュリー名義で
発表されている曲の別バージョンでした。

ユア・ハート・アゲインのみが未発表曲でした。
1983年に録音されましたが、完成には至りませんでした。

2014年に完成させてクイーン名義でリリースましたが、
そこにはフレディ・マーキュリーとジョン・ディーコンはいません。

演奏や歌は1983年のものも入っていますが
それでも、これをクイーンの曲と言われると
違和感があります。

なぜアウトテイクになったのかもわかる気がします。
この曲をクイーンの曲と言われても納得し難いですね。

クイーン名義かもしれませんが、
クイーンの曲ではないようです。

メイド・イン・ヘブン(アルバム)にも同じことが言えますが、
それでもあのアルバムにはクイーンの3人がいました。


メイド・イン・ヘヴン(SHM-CD)

ユア・ハート・アゲインは2人です。
この差は大きいです。

バイシクル・レース(カバー)のジングルで
コーナーに入ります。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
クイーンズクロニクル イニュエンドウ

裏1:アイ・キャント・リヴ・ウィズ・ユー
クイーン作

西脇辰弥さんがワン・ビジョンに乗せて登場です。
クイーンズクロニクルが始まりました。


イニュエンドウ(SHM-CD)

今回のテーマは14枚目のアルバム、
イニュエンドウです。

この数え方は、フラッシュを正式アルバムに
入れるのですよね。

それはともかく、まずは
イニュエンドウです。

正2:イニュエンドウ
フレディ・マーキュリー、ロジャー・テイラー作

名曲中の名曲です。

最初にボレロから始まります。
途中、生ギターに導かれてフラメンコになります。
三拍子と五拍子が複雑に入り組んで奏でられます。
そして再びボレロのリズムに戻ります。

素晴らしいの一言に尽きる曲です。

フラメンコパートの生ギターは
スティーヴ・ハウです。


アンダーソン・ブラッフォード・ウェイクマン・ハウ / 閃光(完全生産限定盤/Blu-specCD2) [CD]

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
イニュエンドウ 西脇解説始まる

まず西脇辰弥さんが取り上げたのが、
この曲の最高音がE♭(Eフラット)であることです。

‘til the end of time

の、エンドのところです。

フレディ・マーキュリーの最高音は
ハング・オン・イン・ゼアのEです。
イニュエンドウは半音低いのですが、ロングトーンなので
難しいのです。

つづいて、フラメンコ部分についてです。
冒頭のコードが Fmaj7(#11)/E です。

「E分の」は「on E」のことですよね。

このコード自体がスパニッシュっぽいので、
フラメンコの伏線がはられているとの見解です。

つまりはボレロがスペインなので、
曲全体が、スパニッシュですね。

そしてフラメンコパートは
五拍子と三拍子との組み合わせです。

スティーヴ・ハウのギターソロは
三拍子が続くのは、三拍子が弾きやすいからのようです。

ブライアン・メイのギターソロは五拍子です。


スティーヴ・ハウ自伝 オール・マイ・イエスタデイズ