ディスカバークイーン第44回その4 ザ・ミラクル

2022-02-17 at 1:30 AM

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
ワズ・イット・オール・ワース・イット

ワズ・イット・オール・ワース・イットは
「クイーンここにありと言った素晴らしい曲です。」

西脇辰弥さんもこのように語っていました。

たしかにこの曲は
クイーンのラストナンバーになるかもしれないという
意気込みが感じられます。

このアルバムのラストナンバーはその可能性がありました。
だからアルバム・タイトルもザ・ミラクルだったのですね。


ザ・ミラクル [ クイーン ]

ワズ・イット・オール・ワース・イットはクイーンの中でも
出色の出来です。
もっと取り上げられて然るべき曲です。

フレディー・マーキュリーの語りが
曲の最後で現れます。

Yes, it was a worthwhie experience.

そして笑い声です。

曲のタイトル
ワズ・イット・オール・ワース・イットを
意訳すれば、こんな感じです。

「これで、よしとしよう!」

なお、当サイトの副題「素晴らしいクイーンライフ」は
この曲の邦題にちなんだタイトルです。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
エンディングトーク

西脇辰弥さんがカショーギの船について語りました。

オルタナの香りもあるシンプルなアレンジの、
リフベースの良質なメタルです。

1991年にニルヴァーナがグランジを大ヒットさせました。

フレディー・マーキュリーが生きていたら
グランジの嵐が吹き荒れた1990年代であっても
クイーンの乗る船は軽く乗り切ったと想像できます。

ザ・ミラクルはそのように予感できる
クイーンの適応力の高さがわかるアルバムです。

ここで西脇辰弥さんは
「カショーギの船でグランジの嵐を乗り切る」
と、うまい例えをしていました。

しかし、サンプラザ中野くんに
あっさりとスルーされちゃいました。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
曲目リスト

今回オンエアされた曲は以下のとおりです。

しゃべりのBGMで流れていた曲

パーティ

正式にオンエアされた曲(一部分のみも含みます)

スティーリン
ザ・ミラクル
オリノコ・フロー エンヤ
アイ・ワント・イット・オール
スペース・ブギー ジェフ・ベック
ジ・インビジブルマン
火の鳥 イスラエル管弦楽団、バーンスタイン指揮
バッド マイケル・ジャクソン
TUTU マイルス・デイヴィス
ワズ・イット・オール・ワース・イット 邦題:素晴らしきロックン・ロール・ライフ

今回はじめて正式にオンエアされたクイーンの楽曲

スティーリン
ワズ・イット・オール・ワース・イット 邦題:素晴らしきロックン・ロール・ライフ

ザ・ミラクルに収録されているのにオンエアされなかった曲

パーティ
カショーギの船
ブレイクスルー
レイン・マスト・フォール
スキャンダル
マイ・ベイビー・ダズ・ミー

そのうち、これまで一度もオンエアされていない曲
カショーギの船
ブレイクスルー
スキャンダル
マイ・ベイビー・ダズ・ミー

この4曲がオンエアされることがあるのでしょうか?

ちなみに
ザ・ミラクル 2回目
アイ・ワント・イット・オール 2回目
ジ・インビジブルマン 2回目

アルバム自体がこの番組から
好かれていないようですね。

次回のクイーンズクロニクルで取り上げる
イニュエンドウはオンエア0回曲が
7曲もあるので、それよりはマシですけど。


【先着特典】イニュエンドウ(特製トレーディング・カード) [ クイーン ]