ディスカバークイーン第40回その2 ザ・ワークス

2022-01-18 at 8:12 PM

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
ラジオ・ガ・ガのSF感覚

ロジャー・テイラーがバンドの中心に躍り出たクイーンは
最初の取り組みとしてSF路線を取り入れたようです。


ザ・ワークス [ クイーン ]

もともとSF好きで有名だったロジャー・テイラーですが、
RADIO GA GAのプロモーションビデオでは
古いSF映画を一部使用しました。

そのSF趣向がサウンドにも現れています。

そして1980年代という時代にもマッチしていました。

それらが、
ドラム・マシーンであり、
ヴォコーダーであり、
オート・アルペジオなのですね。

ドラムマシーンはホット・スペースから使われていましたが
ザ・ワークスにはヴォコーダーも使われています。

ヴォコーダーはシンセが歌う装置です。
装置に向かって、人間が歌うと
シンセが歌ったように聞こえます。

音は人間の声が優先で、ピッチは鍵盤優先です。

他のアーティストの参考音源はリー・リトナーでした。

1981年のアルバム リットからの曲でした。

正3:カウント・ダウン リー・リトナー


【中古】輸入ジャズCD LEE RITENOUR / RIT[輸入盤]

次はオートアルペジオです。
クイーンが使ったのは、日本製なのだそうですが、
ローランドなのか、ヤマハなのかはわかりません。

ラジオ・ガ・ガのオートアルペジオは
3オクターブの音を同時に弾くと出せるそうです。
さらにオートアルペジオを走らせたまま
つまみをいじると、それっぽくなります。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
ガ・ガのマリアージュ

そして、ジョン・ディーコンのベースは
動いたり、止まったり、刻んだり、上に行ってベースじゃなくなったり
自由自在です。

ブライアン・メイのスライドギターはおおらかです。

無機質なドラムマシーン
ロボットボイスのヴォコーダーなどが
渾然一体となって、サウンドを構成しています。

また、クイーンらしいアンセム的なフィーリングが
絶妙にマリアージュしています。

表現が複雑になってきましたが、
マリアージュとは結婚のことです。
意味としては融合って、感じでしょうか。

西脇辰弥さんの表現もマリアージュしています。

ちなみに、同じ放送局の
平成時代の番組に山田まりやさんの
午後のマリアージュというのがありました。

ですから、このセクションの表題は、
ガ・ガのマリアージュとしました。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
ライヴ・エイドの感動

ラジオ・ガ・ガはライヴ・エイドでも演奏されました。
ご存知のようにライヴ・エイドは
クイーンファン以外の観客も多く集まっていました。


伝説の証 ロック・モントリオール1981&ライヴ・エイド1985 [ クイーン ]

それなのに観客全員があの手拍子をやっていたのです。

オーウィヒーイズレディオガガ(チャ、チャ)
レディオググ(チャ、チャ)
レディオガガ(チャ、チャ)

って、やつですね。

アルバムの発売が、1984年です。
ライヴ・エイドは翌年です。

本国のイギリスで、当時の
クイーン人気の凄まじさがわかります。


【中古】【輸入品日本向け】Live Aid [DVD] [Import]