ディスカバークイーン第35回その3 ザ・ゲームA面

2021-12-09 at 2:39 AM

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
夜の天使と愛という名の欲望


ザ・ゲーム(SHM-CD)

正9:ニード・ユア・ラヴィング・トゥナイト 邦題:夜の天使
ジョン・ディーコン作
正10:クレイジー・リトル・シング・コールド・ラヴ 邦題:愛という名の欲望
フレディ・マーキュリー作

この2曲の共通点は
邦題がそっち系ということでしょうか?

って、違いますね。

西脇辰弥さんによる正解は
2曲ともどことなく懐かしさがあることです。

そして、その要因は
ボーカルにかかっているショートディレイです。

この場合のショートは短いことです。
どれぐらい短いかと言えば、
80msつまり0.08秒です。

この手法は1950年代の
ロカビリーなどに使っていたものです。

サンプルとしては
エルヴィス・プレスリーの
トライング・トゥ・ゲット・トゥ・ユーです。

正11:トライング・トゥ・ゲット・トゥ・ユー  エルヴィス・プレスリー


エルヴィス・プレスリー登場!~レガシー・エディション (2CD) [ エルヴィス・プレスリー ]

ただし、1980年頃に発表された
クイーンの曲は、その当時のサウンドと
両方を生かした形です。

そこが、ただの懐古趣味ではないところです。

アンダー・プレッシャー(カバー)のジングルで
このコーナーは終了です。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
リクエストはこの曲が最もふさわしい

放送は12月5日です。
そして、12月8日にちなんだ曲です。

正12:ライフ・イズ・リアル(ソング・フォー・レノン) 邦題:ライフ・イズ・リアル(レノンに捧ぐ)
フレディ・マーキュリー作

1980年12月8日の出来事でしたね。
世界中の多くのファンが悲しみに沈みました。

フレディ・マーキュリーも例外ではありません。
しかし、そして、この曲を作るところが
他の人とは違うところでしょう。

悲しくも美しいバラードです。


ホット・スペース(SHM-CD)

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
曲目リスト

今回オンエアされた曲は以下のとおりです。

しゃべりのBGMで流れていた曲

セイヴ・ミー(カラオケ)

曲目リストに掲載されている曲

ミスファイア
プレイ・ザ・ゲーム
レット・ミー・エンターテイン・ユー(ライヴ)
エイジャ スティーリー・ダン
ドラゴン・アタック
ジョージー・ポージー  TOTO
アナザーワン・バイト・ザ・ダスト 邦題:地獄へ道づれ
グッド・タイムス  シック
ニード・ユア・ラヴィング・トゥナイト 邦題:夜の天使
クレイジー・リトル・シング・コールド・ラヴ 邦題:愛という名の
トライング・トゥ・ゲット・トゥ・ユー  エルヴィス・プレスリー
ライフ・イズ・リアル(ソング・フォー・レノン) 邦題:ライフ・イズ・リアル(レノンに捧ぐ)

今回のエンディングの西脇辰弥さんのトークです。

1980年頃にいろんなアーティストが
スタイルを変えました。
ディスコブームやAORの影響もあります。

その中で最も変わったのは
クイーンです。

時代に常に乗っていくクイーンです。

今回は、参考音源が多かったので
たくさんの曲がかかりました。