ディスカバークイーン第24回 華麗なるレースA面その1

2021-09-14 at 8:05 PM

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
ディスカバークイーン!第24回

ごきげんよう、ぶらあどびじょん です。
ディスカバークイーン!第24回についてです。

今回の1曲目のリクエスト曲は
ロジャー・テイラーの曲でした。

正1:カミング・スーン
ロジャー・テイラー作

メインボーカルはフレディ・マーキュリーです。
ロジャー・テイラーも一緒に歌っていたり
掛け合いをしていたりします。


ザ・ゲーム(SHM-CD)

ザ・ゲーム収録です。
このアルバムからはビッグヒットも生まれていますが
佳曲もたくさんあります。

バイシクル・レース(カバー)のジングルのあと
クイーンズクロニクルのコーナーが始まります。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
クイーンズクロニクル 西脇辰弥さん登場

裏1:サムバディ・トゥ・ラヴ 邦題:愛にすべてを
フレディ・マーキュリー作

西脇辰弥さんが登場し
クイーンズクロニクルが始まりました。
今回は、シンセ持参です。

華麗なるレースのA面についてです。

原題がア・デイ・アット・ザ・レイシズで
1976年12月(日本では1977年1月)に
発表されました。

日本でもチャートで1位を記録しています。


華麗なるレース(SHM-CD)

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
タイ・ユア・マザー・ダウン

正2:タイ・ユア・マザー・ダウン
ブライアン・メイ作

今回の解説は
ロジャー・テイラーのドラムの
ひとつの到達点というお話からです。

ドラムサウンドのアンビエンスの
扱いが変化してきています。

アンビエンスは
臨場感と訳されています。

近接マイクとアンビエンスマイクとの音を
うまいことミックスしています。

この曲のイントロは
アルバム全体のプレリュードです。
印象的な荘厳なフレーズで始まります。

この有名なフレーズは
ホワイト・マン のフレーズです。

直後の無限音階の部分は
手をとりあって の最後の部分です。

3曲ともブライアン・メイの曲で
周到な伏線と伏線回収の計画が見て取れます。