ディスカバークイーン勝手に反省会 その1

2022-04-11 at 12:32 AM

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
ディスカバークイーン勝手に反省会

ごきげんよう、ぶらあどびじょん です。

今回は、ディスカバークイーンに関して
勝手に反省会をしてみます。

なぜ、そのようなことをやってみるのかと言えば、
ディスカバークイーンで心残りがあるからです。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
ディスカバークイーンの心残り

クイーンの番組を1年間放送したのに、
1回もオンエアされなかった曲が、

「ヘヴン・フォー・エヴリワン」
「アイム・ゴーイング・トォ・スライトリー・マッド」
「ボディ・ランゲージ」

を始め、17曲もあります。

17曲はさすがに多いですよね。

クイーンの曲は169曲あります。
そのうちの1割が、1年間の番組で
1度もオンエアされなかったのです。

これらの17曲がかわいそうです。

せっかくのチャンスだったのに。

これはやっぱり反省すべき内容でしょう。

では、どうすればよかったかを考えてみました。


グレイテスト・ヒッツ(SHM-CD)

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
最初に1年の計画を立てよう

最初から計画性をもって
番組に臨んだらどうなっていたか?

そのような観点で仮想的に
1年間の番組を作ってみました。

回数は全部で51回、
1回あたり1時間です。

スペシャルが3回あって、
これらの回は普段より3時間多いのです。

すなわちトータル60時間があります。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
クイーンズクロニクルの必要回数

クイーンはオリジナルアルバムが14枚です。

アルバム未収録曲が13曲ですので、
おおよそアルバム1枚分です。

そこで15枚のアルバムがあると考えましょう。

クイーンズクロニクルをA面、B面単位で行えば
最低30回は必要です。

道標というべき最初の2回も必要です。

蔵出しスペシャルの予備とし
4回をキープしておきます。

実際には、オンエアだけされて
解説がほとんどなかった曲もありました。

だから蔵出しは必要です。

以上で、36回です。

本当は、これでも少ないのですが
西脇辰弥さんに頑張ってもらって、
この時間で納めてもらいます。

とりあえずこれで全曲オンエアできます。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
残りの24回は?

歌詞の世界は3回
パッパラー河合さんの特集回3回

クイーンズコミュニティは
2か月に1度にして全6回。

これで12回ですね。

クイーンズクロニクルと合わせると
ここまでで48回分です。
すなわち48時間です。

残りは4時間スペシャルの3回です。

12時間になるので、
すべて合わせると

60時間  です。


グレイテスト・ヒッツ 2