カバディカバディカバディカバディカバディカバディ・・・ 2019年12月4日(水)

2019-12-16 at 2:53 PM

能町みね子さんの水曜日、お便りテーマは「意外と」
このテーマだと「〇〇と思っていたけど、意外と、△△だった」となり、それが人物対象だと「〇〇」か「△△」のどちらかが失礼なことになりがちですよね。
今回もいくつかありました。

みね子のあの街この街は「愛知県瀬戸市」

瀬戸物の瀬戸ですよね。
最近は瀬戸市と言えば藤井聡太さんなのだそうです。
みね子さんは2019年9月末に訪れたそうです。

第一印象は町並みが良く、細い路地や古めの建物などがお気にめしたとのこと。
窯業・陶器の地名がたくさんあります。

せと銀座通り商店街宮前地下街を中心に風情のある街の魅力が紹介されました。

スポーツのミカタは「カバディ」

日本カバディ協会事務局長の河合陽児さんのご出演です。
大学のカバディ部でカバディと出会ったそうで、
カバディはインドやバングラデシュでは国技なのだそうです。
日本では知名度は低いですが、河合さんの出身校である大正大学などが強いそうです。
「カバディカバディカバディカバディカバディカバディ・・・」と言いながら鬼ごっこをするようなスポーツです。
漫画の「灼熱カバディ」で、少し有名になりました。

スポーツとしては、かなり洗練されていますので
見るのも楽しそうですし、やってみるのもいいみたいです。

問い合わせは日本カバディ協会です。



お便りのコーナーで、話の流れで「酒ノートを作る」ということになり、
藤井さんが「それいいですね。やろう!」と宣言し「一緒にやりましょう」と呼びかけていましたが、その後続けているのでしょうか?
三日坊主ならぬ、一日坊主、あるいは零日坊主(言うだけでなにもしない)になってはいないでしょうか?

最後の曲は、ナット・キング・コールの「LOVE」日本語バージョンでした。
ベスト・オブ・ナット・キング・コールに収録されています。
とても上手に日本語で歌ってくれていて、さすがですね。
違和感なかったですよね。