アルバムデータ:ザ・ワークス その2

2021-12-24 at 11:47 AM

こんにちは、
ぶらあどびじょんです。

ソロ活動も活発化

1984年に発表されたザ・ワークスですが
この時期メンバーの
ソロ活動も活発化しています。

フレディ・マーキュリー
ラヴ・キルズを発表しています。

古いSF映画、メトロポリスを
ジョルジオ・モロダーが復刻させた時の
主題歌がラヴ・キルズです。


新品北米版DVD!【メトロポリス:ジョルジオ・モロダー版】Giorgio Moroder Presents Metropolis: Special Edition [DVD] (1984)!

ブライアン・メイ
スターフリートプロジェクトでした。


Star fleet project (1983, & Friends: Edward van Halen, Fred Mandel..) / Vinyl Maxi Single [Vinyl 12”]

エドワード・ヴァン・ヘイレン
アラン・グラッツァー(REOスピードワゴンのドラマー)
フィル・チェン(ロッド・スチュワートのベーシスト)
フレッド・マンデル(クイーンのキーボードのサポートメンバ)

ブライアン・メイとエディ・ヴァン・ヘイレンの
ツインリードギターが聴けます。


グレイテスト・ヒッツ [ ヴァン・ヘイレン ]

メンバーのフィル・チェンは
ロッド・スチュワートのアイム・セクシーで
印象的なオクターブ奏法のベースを弾いていた人です。


スーパースターはブロンドがお好き

ジョン・ディーコン
クイーン以外のミュージシャンと
交流しています。

中でも、最も活発なソロ活動をしたのが
ロジャー・テイラーでした。
この時期に発表されたソロ・アルバムは
以下の2枚です。

1981年 ファン・イン・スペース
1984年 ストレンジ・フロンティア


【輸入盤LPレコード】Roger Taylor / Fun In Space (Clear Vinyl)(ロジャー・テイラー)
【輸入盤LPレコード】Roger Taylor / Strange Frontier (Red) (Clear Vinyl)(ロジャー・テイラー)

それ以降もロジャー・テイラーは
クイーンとは別に自らのバンドを結成したりして
ソロ活動を続けていきます。