【4月~6月の火曜日】

2019-08-10 at 8:19 PM

4月から6月までのユカイさん
ユカイさんは4月から火曜日に配置変えです。
そしてコーナーも一新しました。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

The Best RespectRespect In Peace…[CD] …
価格:3240円(税込、送料別) (2019/8/11時点)

4月から始まったコーナーは「ユカイなジャンピングジャックフラッシュ」
ユカイさんが大好きなローリングストーンズについて、いろいろと話します。
テーマ曲はもちろんジャンピングジャックフラッシュ。イントロでミックが「ワッチット!」とシャウトするタイミングにユカイさんが合わせようとして毎回失敗するので、それがアヤコさんの大笑いを誘っています。

さて、その「ユカイなジャンピングジャックフラッシュ」ですがメインはもちろんローリングストーンズの話です。そして、彼らに影響を受けたミュージシャンたちの話です。タイガースやRCサクセションなどバンドのボーカリストが憧れはミックジャガーであり、これはダイアモンドユカイさんも例外ではありません。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

THE TIGERS CD-BOX
価格:13500円(税込、送料別) (2019/8/11時点)

タイガースはタイムイズオンマイマインドなどをカバーしています。
RCサクセションのエンジェルはアンジーからインスパイアされた曲です。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

RHAPSODY [ RCサクセション ]
価格:2076円(税込、送料無料) (2019/8/11時点)

他にも「ブライアンジョーンズ」「スライドギター」「キースリチャーズ」「ロンウッド」と語られていきます。あるいは「映画に使われた」「カバーされた」ストーンズの曲ですね。日本のアーティストによる、ストーンズリスペクトアルバムや影響を受けたアメリカのバンドの特集もありました。
アメリカのバンドでストーンズそっくりと言われたのはエアロスミスですね。
この回ではファーストアルバムの「ウォーキングザドッグ」がかかりました。
そしてガンズアンドローゼズの「ペイシェンス」ですね。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

野獣生誕(エアロスミス1) [ エアロスミス ]
価格:1080円(税込、送料無料) (2019/8/11時点)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

グレイテスト・ヒッツ [ ガンズ・アンド・ローゼズ ]
価格:1782円(税込、送料無料) (2019/8/11時点)

ところでミックジャガーとスティーブンタイラーは顔も似ていますよね。今ではそれほどって感じですが、エアロスミスが出てきた当初はもっと似ていました。ストーンズが1963年、エアロスミスが1973年デビューで10年の差があります。現在ではキャリアが56年と46年で「どっちも長い」のですが、エアロスミスがデビューした当時は、キャリア10年のスーパースターとひよっこのバンドです。それが「ひとつのハンドマイクでギタリストと一緒に歌うボーカリスト!」真似と言われても仕方がありませんが、それだけ好きだったのですね。不思議なことに相棒も似て見えます。ステージでスティーブンが絡むと、ジョーペリーもなんとなくキースリチャーズそっくりに見えたものでした。

もうひとつのコーナーがギョーカイ大図鑑です。
これは3月まで川島さんのコーナーですがユカイさんのところに引っ越してきたコーナーです。その前はユウジくんのところだったので、担当を変えながらもなくならない息の長いコーナーとなっていますね。
ユカイさんがどのような反応なのかも楽しみでした。「高断熱住宅」「絵本」「幽霊」「フィギュアスケート」「うさぎ」「消防」「甲虫クワガタ」「ギター」などの業界でした。
何と言っても特筆すべきは「大人の科学」です。本家の「科学と学習」が廃刊となった今でも学研から出続けていて、売れ続けているのが「大人の科学」です。編集長の西村俊之さんがユカイさんを狙って、エレキギターをお土産に持ってきてました。これまでの中ではプラネタリウムが大好評だったようです。(そりゃそうですよね)
メガネギョーカイの話題の時に、ユカイさんが眼鏡をかけたままお休みになるということで、ビックリされていたのと同時に、おススメできませんと注意を受けていました。
(大人の科学)

子育てカフェもユカイさんの担当となりましたね。

インタビューでは恐竜くんこと田中真士さんがいました。
恐竜界のスーパースター北海道大学の小林快次教授が火付け役となって、今や大ブームです。そのブームに乗って登場した恐竜くん、需要と供給のマッチングです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

知識ゼロからの恐竜入門 [ 恐竜くん ]
価格:1404円(税込、送料無料) (2019/8/11時点)


他にも本秀康さん(漫画家)、加藤和樹さん(レノン役を演じる)、島津冬樹さん(段ボールアーティスト)、いとうまい子さん(タレント、実業家)などが出演されました。
伊藤麻衣子さんだったころが懐かしいですが、いつの間にか立派な人になっていました。